契約期間ごとの特徴

派遣での働き方は短期と長期でも変わってくるのが大きな特徴です。短期では自分の得意分野、または専門的な資格が必要な職業や分野によっては長期休暇をとっている正社員などの代わりに入ることもあります。短期でもし販売の派遣スタッフとして働く場合、自分が得意としているものの販売に集中して行うため、よりその得意分野の商品を売り込むことができます。時にはお店のスタッフに対して売り方を説明する教育担当としての派遣があるのも短期の特徴です。これは一日で行うこともあれば数日にわたって行うこともあり、自分の知恵を与えていくことが主な業務になります。長期的な場合は通常の社員と同様に働く場合や専門的な仕事のみを任される場合と色々あり、短期とは違い契約の更新によって数年以上同じ職場で働き続けることもありますが、希望が合えばその会社での正社員としての雇用へと移行できる可能性もある働き方です。賃金の差としては長期的な方が安定しているといえ、短期の場合が売上や貢献度合いによっては基本給に上乗せされることもあり、得意分野があればより稼ぐことができるようになるでしょう。自分の得意分野をより伸ばしていきたい、営業としてより活躍したいなどの希望がある場合には短期の方が向いていますし、一つの職場で実力を伸ばしてつなげていきたい、正社員を目指しているということであれば長期での契約がより向いています。派遣の働く期間を上手にコントロールして、自分のよりよいスキルアップに繋げていきましょう。

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
カテゴリー