雇用形態の多様化

昨今においてはさまざまな業種業態において、多種多様な雇用形態が受け入れられている傾向が顕著になってきています。従前のような、正社員にこだわった働き方に加えて、アルバイトや契約社員などの柔軟性を持った雇用のあり方がクローズアップされてきています。そんな中において、派遣という働き方にスポットライトが浴びせられており、改めて、企業や自治体にとっての必要性が取り沙汰されています。そもそも、派遣とは一般的に期間を設けた働き方であるのが特徴であり、未来永劫にその組織に身をおくことができるわけではありません。日々の勤務態度はもとより、場合によっては、厳しい結果を求められることもあります。むろん、就労前には、きちんとした契約を取り交わすことによって、後々のトラブルを未然に防ぐことへの取り組みには余念がないといわれています。とはいえ、現実の現場においては、いろいろなことが起こりえますので、その場に応じた対応も必要になります。今般では、あえて派遣という働き方を選択するという人も多くなってきているといいます。自分自身にピッタリと合った、業種業態が見つからないため、とりあえず、勤務をしておこうというものです。確かに、今般のグローバル社会においては、価値観も多様化しており、変化のスピードも想像以上になっています。自分探しに東奔西走しながらの勤務になるといえるのでしょう。理想と現実とのギャップを知るきっかけになるという意味でも働くことは重要なことです。

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
カテゴリー