柔軟な働き方を考える

働く女性の働き方の選択肢はいろいろありますが、どの方法を選んでもそれぞれメリットとデメリットがあるでしょう。メリットしかない方法があれば全員がそれを選んでいるはずです。働き方のバリエーションをおおまかに述べると、正社員として働く、派遣で働く、独立して個人事業主になるというのが主なものです。ただ、独立して開業する人の絶対数は少ないと言われていますので、多くの女性にとっては、正社員か派遣かというのが主な選択肢になるでしょう。派遣社員で働くことのメリットは、一つの会社に縛られないという点や自分のスキルを買ってもらって仕事をするという点かもしれません。一方デメリットは、一般的に正社員に比較して生涯年収が少なくなってしまう点や一つの会社で昇格していくといったキャリアパスが描きにくい点でははいでしょうか。しかし、一旦正社員でない形で働き始めたとしても、一定期間その会社で仕事を続け、高い評価を得ることができれば正社員への道が開かれています。その時に、自分が正社員になってもいいと思えば、その時点で道を変えることができるはずです。また、一つの会社で正社員としてある程度の期間スキルを磨き続けることによって能力アップを図ることができれば、その後正社員でない形で働く道を選ぶこともできるでしょう。一度道を選んだら変えることができないと考えるのではなく柔軟に考えることも大切なのではないでしょうか。

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
カテゴリー